我的Lucky Star★旧館

大好きなF4☆仔仔とお気に入り明星の話題をつづる小真のひとりごと

03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

プロフィール

CalendArchive

我喜歡F4♪

痞子英雄サイト

今日の運勢は?

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

メールはこちらから♪

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

你好!謝謝你來!

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

そんな仔仔だから・・・ 

早安~♪
みなさま、このところ記事UPのペースがおかしくなっちゃっててごめんなさいね。
仕事が忙しいのとプライベートでもいろいろありで多忙を極めておりまして。。。

昼休みに記事検索をする時間もなくって、今週は放置状態でした。
その間に、何個か記事がでてきてたんですね・・・

すでにご存じとは思うのですが、この記事の内容からしてすっ飛ばすことができないので、小真の思いと合わせて綴りたいと思います。

まず、昨日の記事。
仔仔童年自閉 坦承曾患憂鬱症【中時娯樂】
周渝民:大S帶我走出孤僻【新浪】
↑にちょっとドッキリ画像があります。これ初めて見たような・・・
でも載せません・・・嫌だもん!(笑)
で、内容ですが・・・

仔仔はデビュー後何度もうつ病との報道をされてきたが、先日『沈春華Life Show』に出演した時に、かつて少年時代にうつ病だったことを告白した。
“僕はうつ病だった。病院で診察してもらったよ。僕はとても悲観的で圧力に直面すると爆発することがあるんだ。”
でも今、彼は自分の人生に対して自信を持っている。
仔仔は治療過程を振り返って、“医者から積み木を積み上げるように言われた。僕はとてもつまらないと感じたけど、先生はおそらく僕の論理を試したんだね。”
少年時代、両親の離婚の後、お母さんが家を離れて、仔仔はそれから自閉的になった。
しかし、表面上は平気なふりをしていて、家に帰るとお父さんと話すことを拒絶した。
“ある日、学校の運動場で、先生は僕に「仔仔、あなた大丈夫?」って聞いたんだ。僕はその場で泣き崩れたよ。”
仔仔は、“僕は偏屈で自閉的だった。大Sは偏屈な僕を隅っこから連れ出してくれたんだ。僕に人と接して会話する楽しさを教えてくれた。彼女と一緒にいて僕はやっと楽しいという感情を知ることができたんだ。”

仔にそんな過去があったんですね。
一番多感な少年期に両親の離婚・・・ナイーブな仔には耐えきれなかった現実でしょう。
でも、そういう苦しい思いをしてきたからこそ、演技にも深みが出ていると思うし、何より人の痛みのわかる仔になれたんだと思います。

“仔は人の痛みがわかる”
接した時の仔の優しさ・温かさで、小真はそう感じていましたが、間違いではなかったんだとこの記事を読んであらためて確信を持ちました♪

大Sが明るい世界に連れ出してくれたこと、仔は心から感謝しているのでしょうね。
仔にとって大Sは離れても特別な存在・・・これはこれからもずっと変わらないでしょう。
そういう仔の思いを、大Sが少しでもわかってくれたらいいなって思います。
そして、良い思い出に変わってくれることを祈りたいです。


この昨日の記事の他にも、修くんが語った記事に仔とのエピソードがありましたね。
仔仔、修杰楷 不只是朋友【聯合報】
翻訳記事【ライブ台湾】

仔と修くんの信頼関係。
修くんは仔のことをお兄ちゃんのように慕っているのですね。
毎年、台北ファンミでも修くんをゲストで招き、何度も何度も“小修をよろしく。”って言っていた仔を思い出し、胸が熱くなってしまいました~(ToT)

ちょっと長くなっちゃったし、しんみりしてしまいましたが。。。

さてと!
いよいよ今日から放送ですね~~!
0904111.jpg

小真は今夜はお出かけなのでリアルタイムでは観られないと思いますが、明日動画サイトに上がったら(上がるよね?^^;)観てみます♪

スポンサーサイト

テーマ: 周渝民 ヴィック・チョウ

ジャンル: アイドル・芸能

仔仔  :  trackback 0   :  comment 4  : 

コメント

仔の話、ジ~ンときました。
結果はどうあれ、大Sに巡り会えたことは幸せなことだったのだと思います。
昔の記事で、彼女もうつだったそうなので、気持ちわかってくれたのでしょうね。
巡り会えてなかったら、今の仔は存在しなかったかも、と、思ってしまいました。
だから、仔の心の中にはずっと彼女は残り続けるのでしょうね。あとは本当に良い想い出として残ってくれればいいと思っています。

ちょうど今、「僕蝶」を見終えたばかりで、ちょっとナーバスになっちゃってます。
一応報告しますと、最後の上映、40人程観てくれてました。見終ったあと数名が、張り出されていたフォトと新聞のコラムを熱心に見てくれていたので、ちょっと嬉しかったです。

2009.04.11 Sat 23:17 : URL : なお仔 #lpzeTBEI : 編集 :

仔、そんなことがあったんですね。
小真さんが記事を訳してくださったおかげで、仔のことが少しわかったような気がします。
それに仔にとって大Sは本当に特別な存在だったのですね。
仔の気持ちを考えると中華メディアも大Sとのことをしつこく取り上げないで欲しいです。
2009.04.12 Sun 11:59 : URL : しおりん #aIpf5Z5Q : 編集 :

なお仔さん♪

仔は本当に大Sに感謝していると思うし、一緒にいられて楽しかったと思っていますよね。
仔にとっては、かけがえのない素晴らしい思い出なのでしょうね。
二人で出した結論が別の道を歩いて行くってことなのだから、大Sもわだかまりを捨てて幸せだった時間を良い思い出に変えられるといいですよね。

『僕蝶』、最後の上映は40人だったのですね。
結構入っててよかったです~。
2009.04.12 Sun 21:28 : URL : 小真♪xiaozhen #nDSfo7Hk : 編集 :

しおりんさん♪

両親の離婚というのはもちろん知っていましたが、そのせいで心を病んでいたことは知りませんでしたよね。
仔はとってもナイーブだからわかる気がしますわ。

大Sのことを一言も悪く言わない仔・・・ホントに誇らしく思います。
メディアの報道もだけど、大Sもいつまでもバカなことを言わないでほしいものです・・・(以下自粛。)
2009.04.12 Sun 21:35 : URL : 小真♪xiaozhen #nDSfo7Hk : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://xiaozhen.blog103.fc2.com/tb.php/802-c41f3b44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。